忍者ブログ

2018
04
24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/04/24 (Tue.)

2013
08
29

日本製BaaS:appiaries を使ってみる。その4

今回は、日本製のBaaS:appiaries(アピアリーズ)のユーザー機能の使い方について簡単に説明します。

前回の記事「日本製BaaS:appiaries を使ってみる。その3」で紹介した「お試しアピアリーズ・ユーザー投稿掲示板」のページを作成したときのポイントを示しましょう。

要点は次の4点。

  • コールバックURLを設定する。
  • JSONオブジェクトの作成権限を"SIGN IN"とする。
  • ページに認証ページへのリンクを設定する。
  • 認証後の処理を記述する。
  • 投稿ボタンを押したときの処理を記述する。

コールバックURLを設定する。

「コールバックURL」は appiaries(アピアリーズ)がユーザー認証を行った後に戻ってくるページです。

appiaries(アピアリーズ)での「コールバックURL」の設定は、「アプリ詳細」の「OAuth編集」で行います。

お試しアピアリーズ・ユーザー投稿掲示板」では、そのページのURL「https://api-datastore.appiaries.com/v1/bin/_sandbox/message/board/sign_1_0_1/_bin」自体を「コールバックURL」に設定しています。簡便だからです。

「コールバックURL」のページで、いったんアクセストークンなどのパラメータを保存する方法もありますが、少し複雑になります。

appiaries(アピアリーズ)での「コールバックURL」の設定は、3つまで設定できますが、複数設定した場合は、リクエスト時にどの「コールバックURL」を使用するのか指定する必要があります。

appiaries(アピアリーズ)のチュートリアル「OAuthによるサインイン処理」も参考にして下さい。

JSONオブジェクトの作成権限を"SIGN IN"とする。

appiaries(アピアリーズ)での権限レベルは、"ALL"、"SIGN IN"、”OWNER”、”ADMIN”の4種類です。「作成」、「参照」、「更新」、「削除」ごとにこれらのアクセス権限を設定します。

お試しアピアリーズ・ユーザー投稿掲示板」では、投稿を appiaries(アピアリーズ)のユーザーに限定しますので、「作成」権限は"SIGN IN"です。また、投稿内容は公開しますので、「参照」権限は"ALL"です。なお、「更新」権限は”OWNER”、「削除」権限は”ADMIN”としています。

appiaries(アピアリーズ)でのアクセス権限の設定は、コレクション作成時には「datastore manager」>「データベース」>「コレクションの作成」で行います。

appiaries(アピアリーズ)のチュートリアル「ユーザーインターフェースの用意」も参考にして下さい。

appiaries(アピアリーズ)でユーザー機能を用いる場合の基本的な設定は、上記の「コールバックURLの設定」と「コレクションのアクセス権限」です。

これらの基本設定後の処理部分の記述については、次回説明します。

関連ページ
関連リンク
PR

2013/08/29 (Thu.) Comment(0) appiaries

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Links

ご注意

当サイトのスクリプトは、ブラウザが FireFox 3.0 であることを前提に作成されています。IE などでは正常に動作しないものがあります。

カテゴリー

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

RSS

最新CM

[04/15 jTemplate]
[05/22 寝太郎]

プロフィール

HN:
寝太郎
性別:
非公開

バーコード

P R

アクセス解析

リンク

NSM

コガネモチ

フリーエリア