忍者ブログ

2018
04
24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/04/24 (Tue.)

2011
06
02

appcfg.py update urllib2.URLError

Google App Engine Python で appcfg.py でアップロードを行おうとしたら、次のようなエラー。

urllib2.URLError: 
<urlopen error [Errno -5] No address associated with hostname>

原因は、app.yaml の最後に「#」でコメントを入れたことによるものらしい。 このコメント行を削除したら、正常に動きました。

忘れた頃にまた、やりそうなのでメモ。

PR

2011/06/02 (Thu.) Trackback(0) Comment(0) Google App Engine

2010
06
30

ホストネームでエラー、オプションを追加してみた。

NetWalkerで、Google App Engine の開発用サーバー dev_appserver.py を動かしていましたが、先日突然、サーバーが起動しなくなってしまいました。コンソールにコマンドを打って再起動を試みたのですが、
「 socket.gaierror: [Errno -5] No address associated with hostname 」との表示。
「ホストネームにアドレスがないので、ソケットエラー」ということでしょうか。

Pythjon 開発用サーバー のページを調べてみると、コマンドラインの引数に「--address=」があるのを発見。

コンソールに次のように打ち込んでみました。

/media/disk/google_appengine/dev_appserver.py --address=0.0.0.0  /media/disk/hellocup/

すると今度はエラーメッセージは出てこない。FireFox のアドレスバーに次のアドレスを入れてみました。
http://0.0.0.0:8080/

ちゃんと、ページが表示されました!


2010/06/30 (Wed.) Trackback(0) Comment(0) Google App Engine

2010
06
26

YAMLについてはこれだけ知っていればいいだろう。

Google App Engine(GAE) では、作成するアプリケーションの情報を"app.yaml"というファイルに記述する。そして、そのデータの記述方法が"YAML"だ。

"ML"の文字があるので、マークアップ言語(Markup Language)かと思うが、"YAML"は、"YAML Ain't a Markup Language"の略で、「マークアップ言語ではない」とのことだ。だが、わざわざそのようなことを言うのだから、マークアップ言語に近い用法があると考えることもできる。

"YAML"の解説にざっと目を通した第一印象は、「ブロックスタイルのあるJSON」というものだ。
というのは、記述の書式にフロースタイルとブロックスタイルの2つがあって、フロースタイルは、JSONとほとんど同じだからだ。

フロースタイルで配列("YAML"ではシーケンス-Sequence)は
[aaa, bbb, ccc]
フロースタイルでハッシュ(連想配列、"YAML"ではマッピング-Mapping)は
{A: aaa, B: bbb, C: ccc}
のように表す。

ブロックスタイルの配列("YAML"ではシーケンス-Sequence)は
- aaa
- bbb
- ccc
ブロックスタイルでハッシュ(連想配列、"YAML"ではマッピング-Mapping)は
A: aaa
B: bbb
C: ccc
のように表す。

そして、シーケンスとマッピングとは、それがフロースタイルであれ、ブロックスタイルであれ、互いに内包することができる。

その他に知っていればよいことは次のような点だろう。
- ブロックスタイルの場合、スペースのインデントにより階層構造を表現する。
- "#"以降行末までがコメントとして扱われる、
- "---"は、ドキュメントの句切り。# 1つのファイルに複数のドキュメントを記述可能。
- 1つの値を格納するデータ型(スカラー)として、次のものがある。
   - 整数  
   - 浮動小数点
   - 真偽値 (true, yes, false, no)
   - Null値 (null, ~)
   - 日付 (yyyy-mm-dd)
   - タイムスタンプ (yyyy-mm-dd hh:mm:ss [+-]hh:mm)
   - 文字列 # 上記以外の書式は文字列とみなされる。




2010/06/26 (Sat.) Trackback(0) Comment(0) Google App Engine

2010
06
19

Google App Engine の SDK を使う。

Google App Engine (GAE) を使ってみたいので、SDKをダウンロードした。説明のページでは、Python のバージョンは 2.5 とのことだが、NetWalker にインストール済みの 2.6 でも大丈夫のようだ。

Linux用のZIPファイルを展開して、SDカードのトップに"google_appenzine"というディレクトリを置いた。この中に"dev_appserver.py"というファイルがある。このファイルが開発ツールの本体だ。

サンプルとして、Google App Engine のチュートリアルにあるとおり、helloworld ディレクトリを作成して、helloworld.py と app.yaml を入れる。

ターミナルで
/media/disk/google_appengine/dev_appserver.py /media/disk/helloworld/
と打ち込む。

FireFoxのアドレスバーに
http://localhost:8080
と入れてみると

Hello, world!

成功だ。

2010/06/19 (Sat.) Trackback(0) Comment(0) Google App Engine

Links

ご注意

当サイトのスクリプトは、ブラウザが FireFox 3.0 であることを前提に作成されています。IE などでは正常に動作しないものがあります。

カテゴリー

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

RSS

最新CM

[04/15 jTemplate]
[05/22 寝太郎]

プロフィール

HN:
寝太郎
性別:
非公開

バーコード

P R

アクセス解析

リンク

NSM

コガネモチ

フリーエリア