忍者ブログ

2018
09
24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/24 (Mon.)

2011
07
04

Googleドキュメントのスプレッドシートからグラフを作る。


前回の「GoogleドキュメントのスプレッドシートのデータをWEBページに表示する。」では、Google Spreadsheets のデータを Googele Visualization API を用いて、WEBページのテーブルを作成する方法を説明しました。そして、公開されている URL を指定することにより、テーブルにするサイト「Google Spreadsheet Visualization Table」を紹介しました。

今回は、Google Spreadsheets のデータを Googele Visualization API を用いて取得し、さらにグラフにするページを紹介します。

Google Spreadsheet Chart

公開されているスレッドシートの URL を入力すると、スプレッドシートのデータをグラフにするとともに、データをテーブル形式でページに表示します。

tokyoDepartmentStoreSales.png




 

Googleドキュメントのスプレッドシートのデータを取得して、グラフにする方法

Google Spreadsheet Chart」では、入力した URL のスプレッドシートのデータを表示しますが、以下の説明では簡略化して、固定した1つのシートのみを対象とします。また、グラフの種類も1種類とします。なお、Google Spreadsheets のデータを取得するまでは、前回の「Googleドキュメントのスプレッドシートのデータを取得して、WEBページに表示する方法」とほぼ同じです。

スプレッドシートの URL の確認

公開設定したスプレッドシートの URLは次のようなフォーマットになっています 。

https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/ccc?key=スプレッドシートのID&hl=言語

jsapi.js のロード

データをテーブルとして表示するところで、Google Visualization API の table パッケージを利用します。そのパッケージをロードするためには、前提として Google Data API の Google AJAX API loader をサーバーから取り込んでおく必要があります。

<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script>

パッケージのロード

Google AJAX API loader を取り込んだら、JavaScript クライアントライブラリをロードします。テーブルの作成には、Googele Visualization モジュールの table パッケージが必要です。また、標準的なグラフを利用するには corechart パッケージも必要です。

google.load("visualization", "1", {'packages':['table','corechart']});

モジュールのロード完了後の初期化処理

モジュールのロードが完了した際に行う処理を記述します。これは      google.setOnLoadCallback メソッドでイベント登録します。下記の例では、init という変数を与えていますが、この部分に直接、匿名関数を当てることもできます。

init=function(){
//初期化処理
}
google.setOnLoadCallback(init);

初期化処理の内容

google.visualization.Query のインスタンスを生成します。データソースを Google スプレッドシートの公開URL とし、send メソッドを実行すれば、Google スプレッドシートのデータ取得後、コールバック関数が実行されます。次の例では、コールバック関数は handleResponse です。

init=function(){
    var sourceSheet=GoogleスプレッドシートのURL;
    var query = new google.visualization.Query(sourceSheet);
    query.send(handleResponse);
}
コールバック関数の内容

次の例では、Google スプレッドシートからのレスポンスを 仮引数 response で受けています。そして、id属性が'res'である要素にテーブルを、id属性が'res'である要素に縦棒グラフを表示します。

var handleResponse=function(response){
  var div  =document.getElementById('res');
  var chart=document.getElementById('chart');
  if(response.isError()) {
    div.innerHTML = response.getDetailedMessage();
    return;
  }
  var data = response.getDataTable();
  var divTable  = new google.visualization.Table(div);
  divTable.draw(data);
  var divChart =  new google.visualization.ColumnChart(chart);
  divChart.draw(data);
}

レスポンスにエラーがあった場合には、エラーメッセージを表示し、正常な場合には、テーブルとグラフを表示します。

レスポンスの getDataTable メソッドで、Google Visualization の基本であるデータテーブルの形に Google スプレッドシートのデータが格納されます。

テーブルを表示する要素を指定して、google.visualization.Table のインスタンスを生成します。この google.visualization.Table の draw メソッドでデータテーブルを指定すると、指定した要素の中にデータテーブルのデータがテーブル形式で表示されます。

グラフを表示する要素を指定して、google.visualization.ColumnChart のインスタンスを生成します。この google.visualization.ColumnChart の draw メソッドでデータテーブルを指定すると、指定した要素の中にデータテーブルのデータがグラフで表示されます。

グラフの種類

上記では、縦棒グラフ(ColumnChart)を採用しましたが、他の種類のグラフを利用することもできます。その場合、次の場所の記述を変更します。

var divChart =  new google.visualization.ColumnChart(chart);

グラフの種類の主なものは次のとおり

AreaChart     面グラフ
BarChart      横棒グラフ
CandlestickChart 蝋燭グラフ
Gauge       ゲージ
GeoChart     地域図
LineChart     折れ線グラフ
PieChart     円グラフ
ScatterChart   散布図
TreeMap      階層図      
PR

2011/07/04 (Mon.) Trackback(0) Comment(0) Google Spreadsheets

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

Links

ご注意

当サイトのスクリプトは、ブラウザが FireFox 3.0 であることを前提に作成されています。IE などでは正常に動作しないものがあります。

カテゴリー

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

RSS

最新CM

[04/15 jTemplate]
[05/22 寝太郎]

プロフィール

HN:
寝太郎
性別:
非公開

バーコード

P R

アクセス解析

リンク

NSM

コガネモチ

フリーエリア