忍者ブログ

2018
09
24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/24 (Mon.)

2010
08
04

Google カレンダーの一覧を allcalendars フィードで取得する。

Google Calendar API でいろいろな処理を行うには、まず処理するカレンダーの情報を取得する必要があります。自分のカレンダーとはいっても、追加したりしていると1つではありません。どのカレンダーを処理するのか明確にする必要があります。その際、自分のカレンダーの情報一覧を取得できると便利です。Google Calendar のフィードの種類は3つあります。メタフィード、allcalendarsフィード、owncalendars の3つです。

メタフィードは、read-only です。
■ http://www.google.com/calendar/feeds/default

allcalendars フィードは、google カレンダーにログインしていれば、次のURLで取得できます。自分のカレンダーのほかに、インポートした他人のカレンダーを含みます。色などの個人設定を変更できます。
■ http://www.google.com/calendar/feeds/default/allcalendars/full

owncalendars フィードは、google カレンダーにログインしていれば、次のURLで取得できます。自分のカレンダーのリストが表示されます。インポートした他人のカレンダーは含みません。エントリの追加変更ができます。
■ http://www.google.com/calendar/feeds/default/owncalendars/full

allcalendars フィードを JavaScript ライブラリを利用してHTMLに表示してみました。 そのページが、次のものです。
■ http://file.netarrows.edoblog.net/gCalAll_01.html

これに利用しているメインの JavaScript は、次のファイルです。
■ http://file.netarrows.edoblog.net/gCalAll_01.js

また、AuthSub による認証には、次のファイルを利用しています。
■ http://file.netarrows.edoblog.net/gAuthSub_01.js

今後、これらのスクリプトを応用して、エントリの追加を行うページを作るつもりです。

PR

2010/08/04 (Wed.) Trackback(0) Comment(0) Google Calendar

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

Links

ご注意

当サイトのスクリプトは、ブラウザが FireFox 3.0 であることを前提に作成されています。IE などでは正常に動作しないものがあります。

カテゴリー

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

RSS

最新CM

[04/15 jTemplate]
[05/22 寝太郎]

プロフィール

HN:
寝太郎
性別:
非公開

バーコード

P R

アクセス解析

リンク

NSM

コガネモチ

フリーエリア