忍者ブログ

2018
07
24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/07/24 (Tue.)

2010
10
25

Google Visualization Table Query に検索ボタン

Google Visualization で Google Spreadsheets のデータを表示する際、検索ボタンがあると便利と思い、作成してみました。

Google Visualization Query のクエリ文を作成する際に、where句を付加するという仕組みです。
そのために、まず、検索ボタンが押された際に、テキストボックスから文字列を取得します。
次にカラム数を調べ、カラム(column)のいずれかに検索文字列が含まれている(contains)ものを抽出ます。

次の sendWhere は検索ボタンが押された時に実行される関数です。

sendWhere=function(){
  if(!search){

    search=true;
    keyword=document.getElementById('keyword').value;

    sourcePage=0;

    queryWhere="";


    if(keyword!=''){

      queryWhere =' where '
                 +cols.join(" contains '"+ keyword +"' or ");

      queryWhere+=" contains '"+ keyword + "'";

    }

    statement=querySelect
              +queryWhere
              +queryOrder
              +queryLimit
              +queryOffset;
    query.setQuery(statement);

    query.send(handleResponse);
  }

}

なお、search 変数は、検索が実行されているかどうかのステータスを管理するためのもので、リクエストの重複を避けるためのものです。ここに記載していませんが、クエリレスポンスを受け取った時に false に設定し直して、新しい検索ができるようにします。

サンプルページ

検索ボタン付 Google Visualization Table Query の例
PR

2010/10/25 (Mon.) Trackback(0) Comment(0) Google Visualization

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

Links

ご注意

当サイトのスクリプトは、ブラウザが FireFox 3.0 であることを前提に作成されています。IE などでは正常に動作しないものがあります。

カテゴリー

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

RSS

最新CM

[04/15 jTemplate]
[05/22 寝太郎]

プロフィール

HN:
寝太郎
性別:
非公開

バーコード

P R

アクセス解析

リンク

NSM

コガネモチ

フリーエリア